ビンタ

f:id:eiki-works:20180207104648j:plain

喉元の魚の骨の様に

チクチクしていたものが

その内に違和感がなくなって

いつの間にか慢性化

 

大きなビンタを

ひとつの詩から浴びる

目から火花が吹き出すくらい

 

自分自身への立腹とくやしさ

 

スマッシュヒット

目がさめる

 

ばかものよ。

 

 

常 緑

f:id:eiki-works:20171014152112j:plain

Clifford Brown & Max Roach - Cherokee : YouTube

 

中学生の頃のこと

深夜ラジオから流れてきた

穏やかに強く

あたたかいそれは

 

強烈な印象を残していながら

 

奏者も曲名も知ることもなく

30年が過ぎ

 

土を返すスコップの先に

硬い何かが当たる感触にも似た

カツン!ときた感覚に

 

いま 体温が上がる。

 

1955年の楽曲ながら

枯れることも廃れることもなく

濃い色を帯びた常緑樹の様

 

自分の中の音楽に対する関心

その起点のひとつ

 

掴めたうれしさ。

 

 

creature

f:id:eiki-works:20170917154442j:plain

悩ましい国語辞典:辞書編集者だけが知っていることばの深層

時事通信社神永 暁 著

 

然り

知人や仕事先との会話の中で

その方から発せられる言葉が美しいと

概ね

その方の振る舞いや仕事も美しかったりして

 

たまに恐怖を覚える。

 

言葉は生きていて

時流や使い勝手

利便性や空気感によって「変異」してきたものと

36年もの長い間 辞書を編集してきた著者は言う

 

満載するとても興味深い内容

一語ずつ咀嚼する度にストロボが光るかの様。

 

そもそもの意味はわからないままに

「そういうものだ」と

なにも疑問を持つこともなく使っている言葉の中に

ちょっと立ち止まって凝視してみると

 

懐疑と不徳を感じることがあったりする。

 

ただこれは

生きている言葉の中の「変異」の一部だったりもして

 

どうして良いものだか迷い始めてしまうと

わずかに呼吸が乱れて

舌が動きを躊躇する。

 

言葉に気を遣っていながらも

その気を遣っていることにストレスを感じてしまうとなると

妙な連鎖を引き起こす

 

ムズカシイもので

 

「由来」と「違和」と「そういうものだ」の間

 

溺れない様に

漂う様に

会話の中を。