Hero

f:id:eiki-works:20180909143515j:plain

バート・レイノルズの訃報を知る。

 

まだ小さい頃

父の膝の上で観た映画の中に

彼は居た

 

初めて感じた”かっこいい男“だったかもしれない。

 

肉厚の頰がグッと上がる笑顔

迫力のある笑い声

柔らかくも力強い眼差し

 

あの頃の彼の歳に

いまの自分は近いに違いない

 

彼への憧れが再び

沸騰しながら湧き立つのを感じながら

思う

 

自分はどうだ?

ちゃんと笑えているか?

 

 

道 徳

f:id:eiki-works:20180722024540j:plain

常田富士男さんの訃報を聞いて思う。

 

「むか〜し むかし・・・」のあの声の

それに学んだ幼少期

 

いまわかる

日本昔ばなしに聞いた

 その全ての全ては

世の良しなし事に表れた道徳の時間。

 

そこにある日常は

意の向くままにありながら

欲に踏み外すその主たち

またはその隣人の振舞いの

 

仕方なかろ・・・ね

そんな因果応報の渦に巻かれる。

 

雀や亀

鶴にしても

起因に応じたそれぞれの置き土産を残して

 

常田富士男さんから生まれる

めでたし・めでたしを聞くことは

 

実は稀有である

それが昔ばなし。

 

最近関わるクライアントの振舞いに

ストレス過多な空気感が続くのと

 

日本昔ばなし

あの食卓時間から退いた時期の相関

 

観ていた人と観ていない人

常田富士男さんの

あの声に触れていた人と触れていなかった人

 

そこに何かがある様な気がして

 

どうぞ

その玉手箱をお開けください

 

にわかに何か

 

ハッピーエンドはナイのだよ

 そう期待しながら舞台袖に立つ自分がいる。